どうなっているの?杉並の医療

杉並区医師会は区民の皆様の健康の保持・向上を目的に、各種健診・休日診療・予防接種・講演会・児童生徒の健康管理・救急及び災害時医療・介護認定審査等の事業を行政(杉並区)とまさに車の両輪の関係で実施しています。
このコーナーでは、杉並区医師会が医療現場から得られた情報を基に医療の専門家としての対策を考え、その具現化した内容を医療情報として皆様に発信することを目的としています。

【第15回】現在の新型コロナウイルスワクチン状況について(R3.7.27)[2021.07.27掲載]

Q1. どうして新型コロナワクチン接種の予約が難しくなっているのですか?

 現在、杉並区内の新型コロナワクチン接種の予約が一時的にストップしております。
 これは昨今の報道にもあります様に、急に自治体へのワクチン供給を削減した事で、区内でのワクチン供給を調整する必要が生じたための措置です。

Q2. 既に新型コロナワクチン接種の予約をしていますが、予約の日に接種できるのですか?

 従来のペースでワクチンが供給される事を見越して、少しでも多くの区民の皆様にワクチン接種を受けていただく事ができる様に、医師会員が一丸となって接種規模を拡大しておりました。ワクチン供給量は2回目の接種分を含んでいるとの事ですが、供給量が削減された現状では区民の皆様にスピーディーに接種する事が出来なくなりました。
 この為、現時点で杉並区内にあるワクチンではご予約いただいた全ての方に接種ができない状態になっております。場合よっては一時的に接種日を延期させていただく可能性がございます事をご了承ください。

Q3. 新型コロナワクチン2回目の接種予約をしていますが、予約の日に接種できなかった場合間隔が空いてしまいます。大丈夫でしょうか?

 区内の接種に使用されておりますファイザー社製ワクチンは、2回目の接種時期を1回目の接種完了後、3〜6週の間に接種する事が望ましいとなっております。
 3週間後に必ず接種しなくてはいけないというわけではなく、4週間後に接種した方が産生される抗体がより多く増えていたという報告もございます。(直近の報告では変異株に対して88%の有効性があるとの事です。)
 区民の皆様がいち早くワクチン接種を完了できますように、現在、杉並区にもご協力頂いて、安定したワクチン供給体制を構築しております。皆様にしばらくご不便をおかけしてしまいますが、一人でも多くの皆様にワクチンを接種していただき、安心して日々の生活がおくれる様に尽力して参りますので、ワクチン接種予約につきまして、今しばらくお待ちください。


↑ページの一番上へ